ブログ

■ 病気情報 (6月末~)

ワンちゃんで 熱中症や暑気当たりが出ています。 
特にシニアのワンちゃんや シーズー、チワワなど鼻が短いワンちゃんはご注意下さい。
お散歩は 地面が温まっていない早朝や夕方以降にして頂くと安心ですが 夜間は安全にご注意くださいね。
熱中症かな?と思われたら 自分で歩けるならまずは体を濡らし風を当てて 30分程様子を見て下さい。
自力で歩けなかったり意識がもうろうとしている場合や 体を冷やしても様子が変わらない場合は素早く病院へお連れ下さい。
お留守番中や 夕方から夜間の発生が多いです。目の届かない時間帯は 基本的にクーラーをつけて頂くことをお奨めしています。

ネコちゃんも暑気当たりが出ています。
お家の中の一室はクーラーをつける、長毛の子は毛を適宜刈るなど 涼しくなる工夫をお願い致します。

小鳥さんでは 高湿度や温度差による体調不良、食欲不振や消化不良が見られます。
除湿器などで湿度を下げる、食器やかごの汚れはこまめに洗剤で洗いよくすすいで、便中の菌やカビの増殖を防ぎましょう。

また どの動物さんもドライフード(ペレットフード)が湿気で傷みやすい時期です。
なるべく小さい袋で購入し、開封後一か月以内に使い切って頂くとよいと思います。

☆8/18、19、20は夏季休診とさせて頂きます。
                                       
                                        菜の花動物病院

菜の花動物病院に小鳥さんをお連れ頂く際のお願いです。

●小鳥担当医による診察は予約制です。お電話または受付窓口にてご予約下さい。
※ 猛禽類 及び野生の水鳥(カモ・シギ・サギなど)は診療対象外です。

●普段の様子や来歴・病歴など詳しいお話を伺いますので いつもお世話をしている方のご来院をお願い申し上げます。

通院時は カゴを布などで包んで、外が見えないようにお連れ下さい。小鳥が怖がらないようにするためと 院内感染防止のため、ご協力お願い致します。

●キャリーでいらっしゃる場合も 普段飼育しているケージを一緒に持って来て頂けると診察がより正確になります。

●小鳥は寒いと羽を膨らませます。反対に 暑いと羽を持ち上げたり 口を開いたままになります。温度を調節し 移動による体力消耗を防いで下さい。

●具合の悪い小鳥の保温温度は30~32℃が目安です。小鳥をプラケース等に入れ 外側の一部にカイロを貼り、更にバッグに入れると温度を高いまま保ちやすいです。プラケースや箱で保温する際は必ずデジタル式の温度計を入れて温度を確認して下さい。(使い捨てカイロは酸素を消費するのでバッグを密閉しないでください。)

●足が痛くて通院される場合、高さが低いプラケースや 靴の空き箱などの高さが低い箱、ヒナ用のケースに入れて頂くと安心です。ケージやキャリーのアミにつかまった状態で移動すると 足の痛みや骨折のずれが悪化することがあります。

●飲み水は こぼれて足が濡れると体が冷えるので入れないで下さい。フードも診断の妨げになるため 診察前1時間から与えないようにして下さい。
診察後は飲食できますので、水入れ、フード入れ、フードは診察室までお持ち下さい。

●基本的に予約制ですが 前の方の診察内容によってはお待ち頂くことがございます。大変恐縮ですがご海容のほどお願いいたします。
車の中や、もしも診察室が空いていればそちらでお待ち頂くことも可能ですので 受付にお申し付け下さい。

●診察や検査に入る前に 高濃度の酸素を吸入したり 保温して体温を上げる処置が必要な場合がございます。お時間に余裕を持ってお越し下さい。

●お連れ頂いた際にぐったりして見える場合はご遠慮なくお申し出ください。

●待合室でケースやケージから出すのはお控え下さい。元気に見えても病気を持っている子もいますし 慣れている子でも思わぬ逃亡やケガの危険があり、またワンちゃんやネコちゃんの患者さんもいるため危険です。
鳥さんも外が見えない方が落ち着いていられますので 覆った状態でお待ち頂けると幸いです。 

※ お電話での病状判断や「連れて行った方が良いかどうか」の判断はできかねます。当院へいらっしゃった事がない飼い主様のご心配は重々お察ししますが、実際に小鳥さんを診察しないと正確な判断ができません。

●小鳥さんの診察の費用ですが、初診料2000円 再診料1000円(いずれも爪切り・身体検査・飼育相談込)、そのう検査・検便各1000円~(セット割引有)、皮下注射1000円~、遺伝子検査5500円~、レントゲン2700円~、バードドック10400円~です。
☆ 便の集め方はこちら≫

※2018年から遺伝子検査会社の料金が変更になりましたので クラミジアやPBFDなどの各種遺伝子検査は5500円~とさせて頂きます。

以上 宜しくお願い申し上げます。
菜の花動物病院 小鳥担当獣医師 今西奈穂子
2018.7.7

■ 会議出席のため
6/28(木)午後の診察は4:30からとさせて頂きます

この6月から再度 県獣医師会の理事の任を戴きました。

皆様には大変申し訳ございませんが 任期中の再来年までは
会議のため臨時でお休みや時間変更があるかと思います。
ご迷惑をおかけしますが 何卒ご海容の程お願い申し上げます。 

■ 三重県の猫処分ゼロを目指すクラウドファンディングは 開始からわずか2週間で目標額を達成しました!
素晴らしい事です。
寄付は引き続き募集しています。一口1000円からですので ご興味のある方は是非ご覧ください。
三重県獣医師会は、県を通じて このプロジェクトの手術に協力して参ります。

 三重県のクラウドファンディングはこちら

 以上 どうぞ宜しくお願い申し上げます。
                   
                           院長 拝

最近話題になっているSFTSという病気、ご存じでしょうか?
マダニに刺されて罹るウイルス病で、高熱が出たり出血が起こります。 
人の致死率は20%という高さで、三重県でも感染が報告されています。

更に、人だけでなく、ダニに刺された猫や犬にもうつること、
SFTSに感染した人や動物の体液から感染する可能性があることも 新たに判ってきました。

命に関わるこのSFTSを予防するには
人もペットも ダニに刺されないようにすることが大切です。
SFTSが多く出る季節は 5~8月、まさに今からの季節。
この夏 安全に過ごすためのポイントをお知らせ致します。

1. マダニはどこにでもいます。

  この地域ではお馴染みのシカやタヌキ、サル、イノシシ、イタチ、アライグマ、ネズミなどに 
  ダニは沢山ついています。
  そんなダニが散歩中のワンちゃんやネコちゃんにもついてきます。
  自然が豊かなところにはどこでもマダニが居るという意識がまず大切です。
  
2. 野外では極力肌を露出しない
  帽子・首巻き・長袖長ズボン・手袋の着用、裾は中に入れる、昔ながらのダニ予防法が有効です。

3. マダニ忌避剤を服の上からスプレーする
  ディート10%以上 または イカリジン5%以上の製剤が有効です。
  但しディート5%以上の物は赤ちゃんには使えません。
  マダニ予防スプレーをお子様に使う場合は 使用可能なものかよくご確認下さい。

4. 野外活動で着た上着は 家の外で払ってから洗濯する。

5. 野外活動後は入浴してダニがついていないかチェックする
  ダニは一週間くらい喰いついて吸血し続けます。刺されても通常痛みは無く気づきにくいです。
  特に頭や耳の後ろ、腋の下など見えにくいところは要チェックです。
  ダニが付いていた場合、取ったり潰したりするとウイルスが飛び散り感染する危険がありますので
  そのままにして医療機関にご相談下さい。
  または ダニにワセリンを分厚く塗って30分ほど放置すると窒息死しますが 
  念のため受診をお奨めします。

6. 外に出るワンちゃんやネコちゃんにはマダニ予防薬を
  お家の中にウイルスを持ち込まないためには ワンニャンの予防も大切です。
  当地域はとにかくダニが多いため、市販の忌避剤では効果が不十分なので 
  ちゃんと効く動物用医薬品をおすすめいたします。
  マダニは1年中見られますので 予防も通年をおすすめしています。

7. ペットと過度な接触はしない
 ペットから人へSFTSが感染したと思われる事例が報告されています。
 また ペットが従来持っている菌で人が病気になる可能性もありますので
 家族とはいえ、ワンちゃんやネコちゃんに おうちの人の顔を舐めさせないようにしましょう。
 寝ている間に舐められることもありますので ペットと一緒に寝ないことも病気の予防になります。

もっと詳しく知りたい方はこちら
■ 国立感染症研究所 

■ 絵でわかる ヒトのマダニ対策パンフレット

SFTSがペットから人にうつった事例と、マダニ対策のイラストを作りました。

日光浴が楽しい季節となってきました。
小鳥にも日光が
それも、窓ガラス越しではない日光が必要です。

日光浴= 骨を強くする。って 小学校で習いましたよね。小鳥もその通りなのです。
窓ガラスには鉛が含まれているため 紫外線B波が吸収されてしまい
骨を強くする効果はありません。

小鳥に十分に紫外線を与えるには
窓を開けて網戸越しに日光浴をするか、外で一緒に日光浴をするか。
それが難しければ 太陽光と同じ波長の紫外線ライトを午前中に点灯しておくと良いでしょう。

紫外線不足だとどんな問題があるのでしょうか?

女の子の小鳥さんは 発情時にカルシウムが骨から血液中へ溶け出します。
室内飼育で 紫外線不足でただでさえカルシウム不足の状態で発情を繰り返すと 
骨がもろくなってしまいます。

また 産卵時に低カルシウム血症となって 倒れたり
卵の殻がちゃんと出来ずに卵詰まりの原因になったりします。

それから 男の子も女の子も 紫外線を浴びることで免疫担当細胞が活性化します。
十分な光量を浴びることで気持ちも明るくなり 食欲も増します。

日光浴中はくれぐれも目を離さないように ご注意下さい。
いきなりまぶしい太陽の光にさらすと 怖がることも多いです。
初めて日光浴をさせる時は、日光浴が恐怖体験にならないよう
ケージの半分を手ぬぐい等の布で覆って、近くで見ていてあげて下さい。
最初のうちは短時間で切り上げて 徐々に時間を延ばすことをお奨めします。

そして 日光浴をした日もしない日も
夜は早めに、なるべく静かで暗い状態で寝かせてメリハリをつけてあげましょう。

ご心配な点は 診察時にご相談下さい。対策を一緒に考えて参りたいと思います。

元気なボタンインコの女の子、ラムネちゃんの日光浴の様子です。手ぬぐいで影を作っています。扉は万が一開かないようにナスカンで二重にロック。敷き紙を敷くと発情するので この時は紙を敷いていません。一例までに・・・

小鳥担当 今西奈穂子
2018.2.27

今年は酷暑の後に急に冷え込んだせいか 例年よりも小鳥の風邪が多かったような気がします。
小鳥が羽を膨らませていたり 鼻水が出たり、寒そうなら保温を。とお話していますが
詳しくお伝えするのがなかなか難しいので
今日は 我が家の現在の様子をアップしてみました。

やり方はお家の状況や鳥さんの性質によって様々で良いと思いますので、
外せないポイントのみをご覧頂き
細かいところは一例として ご参考にして頂ければ幸いです。

外せないポイント3つ
◇ポイント1 「 鳥が吸う空気を暖める 」
◇ポイント2 温度と湿度を数値として把握する
◇ポイント3 火傷・感電・吸入中毒の防止対策をする

◇ポイント1 一番大事なところです。
鳥の羽毛は断熱効果が高いため 暖房器具に当たっても熱が遮断されてしまい 
なかなか体温が上がりません

また鳥の全身には空気を循環させる回路(気嚢)があるため 
冷たい空気を吸うと内臓が冷やされて血流が低下し 消化不良や免疫力低下の原因になります。
逆に暖かい空気を吸うとお腹の中から体が温まります
ですから 鳥が寒がっていたら 吸う空気を暖めてあげる必要があるのです。

また足は羽が無くむき出しのため 空気を暖めるのと同時に足元を暖めるのも効果的です。

温める温度は 鳥の様子を見ながら寒がらなくなるまで(保温器具にひっつかなくなるまで)、病鳥であれば獣医師と相談の上決めて頂くと良いと思います。

ここで我が家の元気なラブバードの保温をご紹介しながら 他のポイントをチェックです♪

場所:南向きのリビング ワイヤーラックの上
保温方法:日中はヒヨコ電球のみ・日没後はヒヨコ電球とエアコン・夜間は別キャリーで別室

ラック全体をビニールで囲い 棚板にはアクリル板を載せ ケージの間にヒヨコ電球を置いています。
電球にサーモスタットを付けて 暑くなりすぎるのを防ぎつつ、実際の温度をデジタル温度計で確認しています。(◇ポイント2 温湿度を数値として把握する)
夜は小さいキャリーで別の部屋に移動させ シート状の保温器具の上に置いてカバーをして寝かせています。その時も温度計を入れて夜間の最低温度をチェックしています。

今はこんな感じですが 天候の成り行きや年齢と共にまた変わっていくと思います。
環境調整も鳥飼育の楽しみですよね。

◇ポイント3 保温器具周りによる火傷・感電や吸入性の中毒対策 ↓
①カバーに使っているビニールは切り売りのテーブルクロスです。洗って数日間干して におわなくなってから使っています。ヒヨコ電球も臭いがなくなるまで数日間カラ焼きしています。

②ヤケドや感電防止のため、ヒヨコ電球はケージに引っ掛けるのではなくブックエンドに掛けています。ブックエンドにかけると 嘴や足が届かないので安心です。
それから意外と盲点なのが 放鳥中にコードをかじって感電する事故。コードカバーや 触れないようにする対策を。

③ヒヨコ電球に水がかかると割れる危険があるため 飲み水は電球と反対側に置き、水浴びはケージの外でさせています。

④ヒヨコ電球は週に一度カバーを外し 中に入り込んだ餌のカラや羽を取り除いています。
春になって暖房が不要になったら カバーを外しソケットを点検して、埃をかぶらないようにして収納します。

保温器具の使い方やメンテナンスについて 詳しく書かれている
こちらのブログもお勧めです。
また 保温器具類は取り扱い説明書をよくお読みになり、不明な点はメーカーに確認してからお使い下さいますようお願い致します。

2017.12.23 菜の花動物病院 鳥担当獣医師 今西奈穂子

小鳥さんの診察の問い合わせで最近増えてきたご質問です。
(☆このページの下の方に 採便方法の写真がございます。本物の便の写真ですので 苦手な方はご覧にならないようご注意下さい。)

オウム病クラミジアその他の検査は お家で採取して頂いた便と
ご来院時に小鳥さんから採取したその他の検体を併せて
検査機関にて 病原体の遺伝子があるかどうか調べてもらいます。
検査には数日かかります(オウム病以外の検査は数週かかることがあります)。

オウム病の菌は 数日おきに便に出ると言われています。
そのため、便を5~7日分 少しずつ集めて頂いて、まとめて検査に出します。

「便を集めるなら お易いご用~(#^^#)」

っと思った皆様!
採便時に注意して頂く点がございます。

*** 便を取るとき 守って頂きたいこと5つ ***

1. 便の白いところは避け 緑や茶色の部分を取って下さい 

2. 1日分はつまようじの先程度の量があれば大丈夫です

  沢山取り過ぎると 専用の容器に入りませんので少しずつにして下さい。

3. 便は全て同じ容器に混ぜて入れて下さい。

  個別の日付はいりません。
  蓋を開けたら5~7日分の便が一緒に入っている状態にして下さい。

4. 採便に使った綿棒やつまようじは 一緒に入れないで下さい。

5.  袋を二重にして冷蔵庫で保管し、持ってきて頂く際も保冷して来て下さい。

 検査結果が陽性だった場合を考えて 採便時はマスクや手袋をする、冷蔵庫内で他の食品を汚染しないようにする、手洗いうがいをするなど 
 お家の方の健康にも十分気を付けて頂きたいと思います。

**********************************************

 以上5点が守られていない場合 検査結果が上手くでなかったり 検査自体をお断りすることがあります。

採便容器をご希望の方はお送りします。便の提出予定日より14日以上前にお申し付け下さい。

☆ 小鳥をお連れ頂く際のお願いはこちら


菜の花動物病院
三重県亀山市野村4-1-2
電話(0595)84-3478
午前8:30~11:30
午後3:30~6:30

≪採便方法写真≫
    ↓

    ↓

    ↓

クリックで拡大します

狙うのは 新鮮かつ白くない部分

爪楊枝の先に盛る程度あればOK

全て一つの容器か袋に入れ 乾燥しないよう密閉し冷蔵

検査提出まで14日ほど余裕があれば採便容器をお送りします。

ご覧頂き有難うございました<(_ _)>
以上、よろしくお願い致します。

☆ 小鳥をお連れ頂く際のお願いはこちら

菜の花動物病院
小鳥担当獣医師 今西奈穂子

マメルリハちゃんのお迎え健診から ~検便の大切さ~

こんにちは、Dr奈穂子です。
当院では小鳥を診察する時 検便を重視しています。
実際どんな風にしているのか、お迎え健診の様子をご紹介しながら
少しお話しさせて頂きたいと思います。

今日みえたのは 生後二か月のマメルリハちゃん。
ペットショップから最近お迎えされ 初めての健診に来てくれました。
目が輝き、うんちも沢山出て元気そうですが 
少し羽を膨らませているのが気になりました。
様子を観察してから まずは検便することに。

検便は小鳥の体に何も負担がかからず、かつ情報量も多い検査なので必ず行っています

大事なのは なるべく新鮮で 乾燥していないうんちを採ることです。
目の前でプリっとしてくれると 非常にうれしいのですが、
緊張するとうんちをしなくなる子がたまにいます。
ですので、お家から新しいうんちをラップに包んで来て頂けると助かります。

検便では、見落としが無いように 必ず全視野を低倍率と高倍率で観察しています
それで必要を感じれば更に 染色や寄生虫の卵を集める操作を行い再度観察します
染色はグラム染色や簡易ギムザ染色、ヨード染色を行います。
また尿スティック検査をすることもあります。
それぞれ数分で出来ますが、詳しく見れば見るほど飼い主様をお待たせしてしまうのが申し訳ないところです。

私は学生時代微生物学ゼミで毎日のように顕微鏡をのぞいたり 細菌の培養や染色をしていたので
顕微鏡検査が大好きなのですが、
実は検便や染色は小鳥を詳しく診察できる獣医師にとって特別な作業ではなく
必要な検査なので普通に行っているものです。
検便で得た情報を
身体検査と症状、そしてご家族のご要望に合わせ 治療方針を組んでいくことになります。

さて、マメルリハちゃんのうんちからは こんな菌が出ました↓

これです↓

通称メガバクテリア。正確には マクロラブダスという真菌(コウボ)の一種です。
セキセイインコやマメルリハに胃炎を起こすため 早速今日から治療することになりました。
更に体重測定や聴診を行い、口の中が粘ついていたのでそのう液を採取し 白血球を確認したので風邪の治療も同時に行うことに。

そのう液採取の様子です↓

他に遺伝子検査のご希望がおありでしたので BFD等を検査に出すことにしました。
最後にお薬の与え方や、飼育環境をどうするか具体的に相談して 診察は終了しました。
これからは定期的に診察しながら 治療がうまくいっているか確認していきます。

今日はお迎え健診の検便でメガバクテリアを早期発見することができました。
小鳥にとって、検便はノンストレスかつ非常に大切な検査ということをお知り置き頂ければ嬉しいです。

ふーちゃん「顕微鏡は置いといて 遊んでよ~~!」
                                   2017.9.13 

2016年秋の「ワシントン条約締結国会議」でヨウムがCITESⅠ類に指定されましたので 飼育されている方は自然環境研究センターに飼養登録されることをおすすめします。この登録がされていないと 商業目的かどうかを問わず、飼育者の変更ができなくなります。
ヨウムは長生きします。長いヨウム人生の中で 万が一、飼い主様にもしものことがあった場合・・・登録されていないと個人へ譲渡できなくなるため、動物園か特定の保護施設で一生暮らすことになります。

違反罰則もあり、登録なしで飼育者を変更すると「5年以下の懲役もしくは500万円以下の罰金」が課せられます。
その登録申請に関するサイトを便宜的にまとめました。

☆ 登録の流れについて

***************************************************************
A)国際希少野生動植物種(個体及び個体の加工品)登録申請方法 

登録申請先 ; 環境省の指定登録機関  一般財団法人自然環境研究センター 国際希少種管理事業部
電話 03-6659-6018 (月~金 10:00~12:30 13:30~17:00)
〒130-8606 東京都墨田区江東橋3丁目3番7号
書類提出や送金の方法についてはサイトなどでご確認下さい。

**********************************************************************
B)希少野生動植物種の個体等の譲り渡し等許可申請・協議の手引き http://www.env.go.jp/nature/kisho/kisei/yuzuri/guidance_2015_12.pdf

C)登録申請に使う写真は このマニュアルに書いてある特徴を参考に撮影すると良いでしょう。
ワシントン条約附属書掲載 オウム目識別マニュアル https://www.env.go.jp/nature/yasei/manual_idrs/oumu.pdf

D)CITESⅠの国際希少種かつ登録された鳥さんを譲り受けた方は 譲り受けの届け出をする必要があります。→こちら→

*********************************************************************
以上、TSUBASAの2016年8月の愛鳥塾での講義を元にまとめました。
認定NPO法人TSUBASAさんのHPはこちら→ 
保護鳥の里親探しや飼い主様への情報提供などに長年取り組んでいらっしゃるNPOです。

☆菜の花動物病院
水曜・日曜・祝日休診
午前8:30~11:30
午後3:30~6:30
0595-84-3478

■ 植物による食中毒が ワンちゃんに発生しました

シキミの実を誤食したワンちゃんが嘔吐と痙攣、そして意識障害を起こし入院しました。以前にも書いたことがありますが 仏前に供えることで身近なシキミは 実や葉を含め全体に毒があり、特に実は毒性が強く神経や胃腸、内臓など全身に症状が出ます。しかも有効な解毒剤は無く 治療は対症療法になります。つまり中毒物質を吸着したり痙攣を止めるお薬を使い 点滴をして内臓を守りますが、最悪の結果になる可能性もあります。
幸いにも今回の患者さんは無事退院され ほっと致しました。
 
食中毒や誤食を起こすワンちゃんには 共通の特徴があります。
それは、子犬の頃から好奇心旺盛で、何でも口に入れて確かめたい!いつも何か食べてみたい!という積極的な性格です。

思い当たるオーナー様は お家の中だけでなく庭や散歩コースでの拾い食べにご注意下さい。

今回はシキミでしたが 殺鼠剤やゴキブリ団子、農薬などの中毒は後を絶ちません。また トウモロコシの芯や軍手、ストッキング、犬用のおもちゃや敷物を胃腸に詰まらせる事故も多いものです。また植物による食中毒といえば、今はチューリップなどの球根の植え付けの時期ですが 毒がありますのでワンちゃんの手の(口の?)届かないところで保管しましょう。

誤食は予防が大切です。お散歩中にどうしてもパッと何かをくわえてしまうワンちゃんは、ソフトタイプの口輪をして行くのも一案でしょう。最近はアヒル口だったり柄物の可愛らしい口輪もありますので 注目されたい性格の子にはぴったりですよ♪

余談ですが・・・ 動物ではなくヒトの方の話ですが、日本中毒情報センターにはシキミ中毒の相談が昨年度は7件あったそうです。星形で可愛らしいシキミの実。人間でも要注意のようです。
日本中毒情報センター → http://www.j-poison-ic.or.jp/homepage.nsf 
(2016.10.16)

■ 2016/10/29(土)はペット防災フェア出張のため臨時休診致します。

WEB予約システム WEB予約

休診日カレンダー

ご来院時のお願い 病気・症例情報 よくあるご質問
インフォメーション
〒519-0165
亀山市野村4-1-2
TEL:0595-84-3478

●診察時間
午前 8:30~11:30
午後 3:30~ 6:30
●休診日
日曜、水曜、祝祭日

●診察科目
犬・猫・愛玩鳥
うさぎ・ハムスター
モルモット
facebook 徒然院長ブログ リンク 24時間診療