三重県亀山市のペットクリニックは菜の花動物病院へどうぞ

菜の花動物病院
~ 菜の花日常 ~マメルリハちゃんのお迎え健診

マメルリハちゃんのお迎え健診から ~検便の大切さ~

こんにちは、Dr奈穂子です。
当院では小鳥を診察する時 検便を重視しています。
実際どんな風にしているのか、お迎え健診の様子をご紹介しながら
少しお話しさせて頂きたいと思います。

今日みえたのは 生後二か月のマメルリハちゃん。
ペットショップから最近お迎えされ 初めての健診に来てくれました。
目が輝き、うんちも沢山出て元気そうですが 
少し羽を膨らませているのが気になりました。
様子を観察してから まずは検便することに。

検便は小鳥の体に何も負担がかからず、かつ情報量も多い検査なので必ず行っています

大事なのは なるべく新鮮で 乾燥していないうんちを採ることです。
目の前でプリっとしてくれると 非常にうれしいのですが、
緊張するとうんちをしなくなる子がたまにいます。
ですので、お家から新しいうんちをラップに包んで来て頂けると助かります。

検便では、見落としが無いように 必ず全視野を低倍率と高倍率で観察しています
それで必要を感じれば更に 染色や寄生虫の卵を集める操作を行い再度観察します
染色はグラム染色や簡易ギムザ染色、ヨード染色を行います。
また尿スティック検査をすることもあります。
それぞれ数分で出来ますが、詳しく見れば見るほど飼い主様をお待たせしてしまうのが申し訳ないところです。

私は学生時代微生物学ゼミで毎日のように顕微鏡をのぞいたり 細菌の培養や染色をしていたので
顕微鏡検査が大好きなのですが、
実は検便や染色は小鳥を詳しく診察できる獣医師にとって特別な作業ではなく
必要な検査なので普通に行っているものです。
検便で得た情報を
身体検査と症状、そしてご家族のご要望に合わせ 治療方針を組んでいくことになります。

さて、マメルリハちゃんのうんちからは こんな菌が出ました↓

これです↓

通称メガバクテリア。正確には マクロラブダスという真菌(コウボ)の一種です。
セキセイインコやマメルリハに胃炎を起こすため 早速今日から治療することになりました。
更に体重測定や聴診を行い、口の中が粘ついていたのでそのう液を採取し 白血球を確認したので風邪の治療も同時に行うことに。

そのう液採取の様子です↓

他に遺伝子検査のご希望がおありでしたので BFD等を検査に出すことにしました。
最後にお薬の与え方や、飼育環境をどうするか具体的に相談して 診察は終了しました。
これからは定期的に診察しながら 治療がうまくいっているか確認していきます。

今日はお迎え健診の検便でメガバクテリアを早期発見することができました。
小鳥にとって、検便はノンストレスかつ非常に大切な検査ということをお知り置き頂ければ嬉しいです。

ふーちゃん「顕微鏡は置いといて 遊んでよ~~!」
                                   2017.9.13 

WEB予約システム WEB予約

休診日カレンダー

ご来院時のお願い 病気・症例情報 よくあるご質問
インフォメーション
〒519-0165
亀山市野村4-1-2
TEL:0595-84-3478

●診察時間
午前 8:30~11:30
午後 3:30~ 6:30
●休診日
日曜、水曜、祝祭日

●診察科目
犬・猫・愛玩鳥
うさぎ・ハムスター
モルモット
facebook 徒然院長ブログ リンク 24時間診療